前へ
次へ

審美歯科治療ではどのくらいの期間が必要

審美歯科治療を受けて歯を綺麗にしたいけど、どのくらいの期間がかかるのかと気になっている人もいるのではないでしょうか。
治療期間が長くても、歯が綺麗になればいいという人は、治療期間はそれほど気にならないかもしれません。
しかし、数ヶ月後には結婚式を控えていてそれまでに歯を綺麗にしたい、数日後にはお見合いをすることになっていて、それまでに歯を綺麗にしたい人には治療期間はとても重要です。
歯の黄ばみや変色が気になっている人は、ホワイトニングが最適な治療方法です。
このホワイトニングでは状況にもよりますが1回でかなり白くすることも可能です。
一般的には1回~5回程度の通院が必要になり、期間としては2週間~1ヶ月程度です。
歯の詰め物が気になる人にはセラミックインレーがオススメの治療です。
透明感があるセラミック素材を使うので、金属アレルギーの心配はないですし、自然な歯を演出できます。
治療する本数にも異なりますが、少ない本数なら1ヶ月程度で終わりです。
被せ物であるクラウン治療では、1~2本の治療で1ヶ月~1ヶ月半、矯正治療では2~3年程度の治療期間を必要とします。
それぞれの治療によって、期間が異なるので、よく治療期間を確認した上で納得できる審美歯科治療を受けましょう。

Page Top